価値観に従って働けるフリーエンジニア

フリーエンジニアは独立して個人として働くことができるということがメリットであり、それによって自分の価値観に従って仕事と生活のバランスを保っていくことができます。

企業に勤めている場合にはその組織としての目標に従わなければならず、その構成員全体でチームワークを発揮して仕事をしていかなければなりません。そのため、自分の仕事が遅れている場合には残業や休日出勤等によってその遅れをとり戻して足並みを揃えなければならなくなるといった事態も珍しくありません。

独立すればそういった外的要因によって仕事を強制されることはなくなり、自分のペースで仕事をしていくことができるようになります。一方で、そういった組織から離れることが不安になる場合もあります。自分の価値観で考えて仕事の有様を考えていくことができる反面、構成員がいなくなることによってそこからの外的な強制力がなくなり、仕事に対する気力が低下するリスクがあるのです。

もともと仕事に対して高い意識を持っていることが仕事を意欲的に続けていくために必要な要素となりますが、それを持っているかどうかが企業に一度勤めてしまうと不安になってしまいがちになります。フリーエンジニアとなることによって自分で仕事の管理をするようになると、そういった不安があったとしても生活の必要性から仕事をするようになるのが一般的な傾向です。エンジニアとしての仕事が家計を支えることになるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です